FC2ブログ
Compilation of travel
世界一周旅行中! 現在地(2008/12/3):デリー(インド)


プロフィール

shuhei

Author:shuhei
2008年2月21日から世界一周旅行へ旅立ちました。
たぶん8ヶ月ぐらいで帰ってくる予定。



カテゴリー



月別アーカイブ



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



旅の軌跡

東京⇒アメリカ(ニューヨーク→ナイアガラフォールズ→ニューヨーク)⇒ペルー(リマ→ナスカ→ワカチナ→クスコ→プーノ)⇒ボリビア(ラパス)⇒チリ(イキケ→ビーニャ・デル・マル→イースター島→ビーニャ・デル・マル→プエルト・モン→プンタ・アレーナス)⇒アルゼンチン(ウシュアイア→カラファテ→ブエノス・アイレス)⇒ウルグアイ(コロニア・デル・サクラメント)⇒アルゼンチンⅡ(ブエノス・アイレス→ラキアカ)⇒ボリビアⅡ(トゥピサ→ウユニ)⇒アルゼンチンⅢ(サルタ)⇒パラグアイ(アスンシオン→エンカルナシオン→イグアス移住地)⇒アルゼンチンⅣ(プエルト・イグアス)⇒ブラジル(フォス・ド・イグアス→サン・パウロ→リオ・デ・ジャネイロ)⇒スペイン(マドリード)⇒ポルトガル(リスボン)⇒モロッコ(タンジェ→マラケシュ→フェズ)⇒スペインⅡ(バルセロナ→マドリード)⇒トルコ(イスタンブール)⇒シリア(アレッポ→ダマスカス)⇒ヨルダン(アンマン→ぺトラ→アンマン)⇒イスラエル(エルサレム)⇒ヨルダンⅡ(アンマン))⇒シリア(ダマスカス→パルミラ→ハマ)⇒トルコⅡ(イスタンブール)⇒ブルガリア(ソフィア→ヴェリコタルノボ)⇒ルーマニア(ブカレスト)⇒チェコ(プラハ→テルチ)⇒ドイツ(ニュルンベルク→フランクフルト)⇒チェコⅡ(チェスキー・クルムロフ→プラハ)⇒ポーランド(クラクフ)⇒ハンガリー(ブダペスト)⇒クロアチア(ザグレブ→ドブロヴニク)⇒ボスニア・ヘルツェゴビナ(モスタル→サラエボ)⇒ハンガリーⅡ(ブダペスト)⇒イギリス(ロンドン)⇒南アフリカ(ケープタウン)⇒ジンバブエ(ビクトリア・フォールズ)⇒南アフリカⅡ(ヨハネスブルグ)⇒インド(ムンバイ→コルカタ→バラナシ→アーグラー→デリー)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9月6日 サハラを目指して
リスボンからバルセロナへ行く前にモロッコ立ち寄った理由はただひとつ。
“世界最大の砂漠”
アフリカ大陸の約3分の1を占めるサハラ砂漠を訪れる為。

フェリーに乗り約2時間で、そこはもうアフリカの大地。
RIMG4116.jpg

玄関口タンジェに着いてすぐに、夜行バスでマラケシュへ向かった。

マラケシュのスーク
日用品、みやげ物、ガラクタ、羊の頭まで何でも揃っている。
RIMG4202.jpg

RIMG4201.jpg

RIMG4200.jpg

スークの中はとてつもなく広く、鬼ごっこでもやろうものなら、鬼になった人は永遠に捕まえることはできないだろう。

そして夕方になると、旧市街にあるフナ広場に屋台が建ち、大道芸人やらヘビ使いやら、入れ歯を売るオッサンまで集まってきて、毎夜毎夜まるで祭りのようににぎわうのである。
RIMG4190.jpg

RIMG4215.jpg

連日40度を超えるマラケシュでは、キンキンに冷えたフレッシュオレンジジュースがうますぎる!!
ちょっと歩いてはオレンジジュース屋台に立ち寄り生き返る。
まるでオアシスのようだった。
RIMG4231.jpg


スークをさまよい歩きながらアラブの世界を感じ、フナ広場でお祭り気分に浸り、フレッシュオレンジジュースに生きている幸せを感じ、いよいよサハラ砂漠へ・・・

しかし予期せぬ出来事が・・・というか当たり前っちゃあ当たり前の出来事が。
リスボンで高熱を出し、微熱を抱えながらもなんとかモロッコまでやってきた俺の体が、この酷暑に耐えられるわけがない。
高熱と湿疹がぶり返し、ここでも静養を余儀なくされた。

2、3日ゆっくり休んでみた結果、今回はモロッコはあきらめることに。
砂漠にある町メルズーガは、50度を超える気温と、間断なく吹き荒れる砂嵐によって、まさに地獄絵図。
そんなところへこの体で行けるものか?いや、もはや生けるものかという、死活問題になってくる。
死にたくはない。
やめよう。

環境の悪いモロッコを早く抜け出し、スペインのバルセロナでしばし休養をすることにした。

グッバイモロッコ

スポンサーサイト

8月29日 世界三大○○な民族
旅をしていると、世界三大○○というものに出会う。

・世界三大瀑布(イグアスの滝、ナイアガラの滝、ヴィクトリアの滝)
・世界三大夜景(ナポリ、函館市、香港)
・世界三大仏教遺跡(アンコール・ワット、バガン、ボロブドゥール)
などなど。

なかにはこんな変わりダネまで
・世界三大馬鹿建造物(阿房宮、万里の長城、ピラミッド)
・世界三大がっかり名所(マーライオン、人魚像、小便小僧)

そしてこんなものも。

・世界三大ウザイ民族(インド人、エジプト人、モロッコ人)
※旅行をするうえでウザイという意味です。

~~~

体調がよくなかったこともあり、ポルトガルはリスボンだけで終了。
サハラ砂漠を見るためにモロッコへ。

リスボンからスペインのアルへシラスという港町まで12時間ほどで到着すると、そこからフェリーでジブラルタル海峡を渡り2時間30分でモロッコのタンジェという町へ行くことができる。

さあ、この海峡を渡ればモロッコ。
世界三大ウザイ民族と言われるだけに、心してかからねば。

フェリーチケットを買うために、フェリー会社のチケット売り場に並んでいると。
ある男が声をかけてきた。
そいつはモロッコ人だった。

「日本人ですかあ。ここのフェリー会社は高いですよお。あっちの会社の方が安いから一緒に行きましょう。」

モロッコ人がウザイと言われる理由のひとつに、こんな理由がある。
“勝手にガイド”
これは、旅行者を見つけると近づいてきて、頼んでもいないのに勝手にガイドをしながら付きまとってくる。
そして最後に「私は公認のガイドです。ガイドしてあげたんだからお金を払ってください。」と、ガイド料を請求してくるというもの。

これのかわし方は至って簡単。
勝手にガイドを始めたら、「ガイドなんて頼んでないんだから金は払わないよ。」
と言っておく。
すると、まず間違いなくあっちは、「もちろんさいらないさ。」
と言ってくるだろう。
しかし!これも100パーセントの確立で、結局ガイド料を請求してくる。
そしたらこう言ってやる。
「俺がいつガイドをしてくれと頼んだ?金は払わないと言ったよな。お前が勝手に話してただけなんだから払わないよ。」
と言ってやればいい。
さらにはこんな上級者もいた。
「ってゆうか、お前の話をずっと聞いててやったんだから、そっちこそ金を払えよ。」
と。
これはいつか使ってみたい。

さて、そんなわけで、フェリーチケット売り場でのその男もモロッコ人だと言うから、どうせ親切を装ってあとから金を要求してくるんだろう。
と思った。

けど、本当に安いのかもしれないから付いて行ってみた。
もちろん「あとで金を要求されても払わないけどいいか?」という確認は怠らず。
・・・安くなかった。いや、高いわけでもなくて、全く同じ値段だった。

俺「安くないじゃん!」
モロッコ人「あれー、おかしいな。まあとりあえず乗船時間まで時間があるから、フェリーターミナル内を案内するよ。」

・・・・・・でた!
勝手にガイド始める気だな。
ふふん、でも金は払わないっていってあるもんね。
いざとなったら、「ってゆうか、お前の話をずっと聞いててやったんだから、そっちこそ金を払えよ。」
って言ってやる。

そのモロッコ人は、いろいろな話をし、さも親切そうにいろいろ教えてくれた。

モロッコ人「あーそうだ、モロッコに着いてから両替をするのは大変だから、今のうちに多めにATMから引き出しておいたほうがいいぞ。」
俺「あ、そう。」
そんなわけはないので却下。
それにやつの言う通りにしてしまったら、ガイドを受け入れたととられてしまいかねないし。

モロッコ人「あーそうだ、パスポートはすぐ見せられるように、ズボンの後ろのポッケに入れておいたほうがいいぞ。」
俺「アホか。」
そんなのスリの格好の餌食となるだけなので却下。
貴重品を無防備に後ろのポッケに入れるわけがない。
そんなこともわからないのかモロッコ人。

モロッコ「トイレに行きたい。あっちにあるから行こう。」
俺「あ、そう。俺は行かないから。じゃあグッバイ。」
モロッコ人「そっちに見晴らしのいい場所もあるんだ。行こう。」
今回はしつこかったので、とりあえずそっちに行ってみることにした。

やつがトイレに入っている間、外で待っていると、10秒もかからずに戻ってきた。
俺「あれ、早くね?」
モロッコ人「あっはっは、いやーそれがさあ、面白いんだよ。ちょっと来てみ。」

なんだなんだ、不審な気もしたけど、何が面白いのかも気になったので、トイレの中に付いて行ってみた。
そこには他の人はいなかった。

モロッコ人「ほらほらー、便器の位置が高いんだよー。これはヨーロッパ人用だよねー。モロッコ人や日本人には高すぎるだろー。あっはっは。」
俺「・・・・・・・・・」
何も面白くない。。。

モロッコ人はアホみたいに爆笑しながら肩を組んできた。
と思ったら、爆笑したまま理解不能なことを言いながら。。。
抱きついてきた。

なに!?
こいつ勝手にガイドさんじゃねえ!
ゲイだったのか!!
人気のないトイレに連れ込んで何する気だー!

抱きついたまま、やつの右手が下半身へと伸びてきた。
勝手にガイドさん用の心構えしかしていなかった俺は、ゲイという思いがけない攻撃に固まってしまい、無防備な状態となってしまった。

ヤラレル。。。

誰もがそう思ったとき、事態は思わぬ展開をみせた。

やつの手の感触がいつまでたっても下半身に伝わってこない。

と思ったところで、金縛り状態も解け、目線を下にやると、やつの手はなんと!

今まさに、俺のななめ掛けのショルダーバッグの中に滑り込もうとしていた。

・・・・・・・・・ゲイでもなかった!!!
そう、結局そいつはスリだったんだ!

まだ何も盗られていないことを確認したあと、
俺「キサマ!今カバンの中に手を入れてただろ!」
モロッコ人「△■※◇▼♪☆◎●」
おそらくアラビア語であろう言葉で何かを叫んだあと、ヤツはすごい勢いで逃げていった。


思い出していただきたい。

モロッコ人「あーそうだ、モロッコに着いてから両替をするのは大変だから、今のうちに多めにATMから引き出しておいたほうがいいぞ。」

モロッコ人「あーそうだ、パスポートはすぐ見せられるように、ズボンの後ろのポッケに入れておいたほうがいいぞ。」

こいつ最初から盗むつもりでこんなことを言っていたんだ。
その時は勝手にガイドさんだと思い込んでいたから、普通に考えれば怪しいと気がつくことなのに、こんなことに気がつかなかった。

くっそー!むかつく。
何も盗られていないけどオマエむかつくー!!

モロッコ人恐るべし。
そう、モロッコに渡る前から、世界三大ウザイ民族モロッコ人との激闘は始まっていたのだ。
モロッコへ渡ったら、三段構えで気をつけよう。

~~~

この話には後日談がある。

数日のモロッコ滞在を終え、アルへシラスへ戻ってきた俺は、ここからバルセロナへ向かうために、スリ未遂事件のあったフェリーターミナル内にある、バス会社のオフィスへと行った。
と、そのフェリーターミナル内で信じられない光景を目にした。

まさかまたここで出会うとは。
なんと前方から見覚えのある顔が歩いてくる。
そう、スリのあのモロッコ人。

すれ違いざま
俺「・・・・・・・」
モロッコ人「おー、マイ フレンド!モロッコは楽しかったかーい?」

・・・
・・・・・・
俺「フレンドじゃねええええええ!!!!!!!」
ここで会ったが百年目。あの時の怨みハラサデオクベキカ。
右足に全神経を集中させて、蹴っ飛ばしてやったことは言うまでもない。


8月27日 旅を続けるにあたって必要なもの
パスポート,お金,航空券

最低この3つさえ揃っていれば、今回の旅は無事完了すると思っていた。

が、しかし。

もうひとつ大事なものがあった。

健康な身体

もちろんわかってはいたけど、「最低パスポート,お金,航空券さえあれば世界を周ることはできる。」というのが定説だ。

でもこれからはあえて、“健康な身体”も付け加えたい。

なぜ突然そんなことを言うのか?

そう、ヨーロッパに渡ってから早一ヶ月。

入院していた頃のように、常に熱が引かず、あのときほどではないけれども、湿疹にも悩まされ。

観光をする気持ちの余裕もなく、ただただ移動を繰り返すだけの日々。

本当はゆっくり休みたかったけど、物価の高いヨーロッパでは、ゆっくり休むというような気にもなれず。

というわけで、ブログを書く気力もネタもなく、更新が滞ってしまったというわけです。

あれ?結局ブログを書いていなかったことに対する言い訳??

その通り!

そんなこんなで何とかバルセロナまではたどり着いたけれども、もう限界だ!
本気で日本に帰ろうと決意し、航空券を探しに、航空会社や旅行代理店を訪ね歩くまでいったのだけれども、ちょうどその時バルセロナで買った薬が予想以上に効果適面で、この一ヶ月が嘘のようにすっかり回復してしまった。

元気になると意欲も湧いてきて、あれほど日本に帰ろうと強く決意していたのに、もうちょっと続けてみようという気になった。

とはいっても、薬が効いているだけで、日本に帰って治療しない限りは完治はありえないだろう。

なので、予定のルートを大幅に変更して、早めに日本に帰ることにした。(たぶん年内には)

すっかり元気になり、現在はシリアのダマスカスにいます。

ポルトガル⇒モロッコ⇒スペインと続いた“闘病日記”については、リアルタイムではなくなってしまったけど、順に書いていきます!

では。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。