FC2ブログ
Compilation of travel
世界一周旅行中! 現在地(2008/12/3):デリー(インド)


プロフィール

shuhei

Author:shuhei
2008年2月21日から世界一周旅行へ旅立ちました。
たぶん8ヶ月ぐらいで帰ってくる予定。



カテゴリー



月別アーカイブ



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



旅の軌跡

東京⇒アメリカ(ニューヨーク→ナイアガラフォールズ→ニューヨーク)⇒ペルー(リマ→ナスカ→ワカチナ→クスコ→プーノ)⇒ボリビア(ラパス)⇒チリ(イキケ→ビーニャ・デル・マル→イースター島→ビーニャ・デル・マル→プエルト・モン→プンタ・アレーナス)⇒アルゼンチン(ウシュアイア→カラファテ→ブエノス・アイレス)⇒ウルグアイ(コロニア・デル・サクラメント)⇒アルゼンチンⅡ(ブエノス・アイレス→ラキアカ)⇒ボリビアⅡ(トゥピサ→ウユニ)⇒アルゼンチンⅢ(サルタ)⇒パラグアイ(アスンシオン→エンカルナシオン→イグアス移住地)⇒アルゼンチンⅣ(プエルト・イグアス)⇒ブラジル(フォス・ド・イグアス→サン・パウロ→リオ・デ・ジャネイロ)⇒スペイン(マドリード)⇒ポルトガル(リスボン)⇒モロッコ(タンジェ→マラケシュ→フェズ)⇒スペインⅡ(バルセロナ→マドリード)⇒トルコ(イスタンブール)⇒シリア(アレッポ→ダマスカス)⇒ヨルダン(アンマン→ぺトラ→アンマン)⇒イスラエル(エルサレム)⇒ヨルダンⅡ(アンマン))⇒シリア(ダマスカス→パルミラ→ハマ)⇒トルコⅡ(イスタンブール)⇒ブルガリア(ソフィア→ヴェリコタルノボ)⇒ルーマニア(ブカレスト)⇒チェコ(プラハ→テルチ)⇒ドイツ(ニュルンベルク→フランクフルト)⇒チェコⅡ(チェスキー・クルムロフ→プラハ)⇒ポーランド(クラクフ)⇒ハンガリー(ブダペスト)⇒クロアチア(ザグレブ→ドブロヴニク)⇒ボスニア・ヘルツェゴビナ(モスタル→サラエボ)⇒ハンガリーⅡ(ブダペスト)⇒イギリス(ロンドン)⇒南アフリカ(ケープタウン)⇒ジンバブエ(ビクトリア・フォールズ)⇒南アフリカⅡ(ヨハネスブルグ)⇒インド(ムンバイ→コルカタ→バラナシ→アーグラー→デリー)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月6日 世界最南端でホニャララ
ウシュアイアはすでに冬に入っています。
冬のウシュアイアは閑散としていて、何もすることがない。
ペンギンはもうこの時期はいなくなってるし、ちょっと足を運んでって遠出しようにも、積もった雪に行く手を阻まれてしまう。
でも、せっかくここまで来たんだから、 『世界最南端で逆立ちして校庭10周』 とか 『世界最南端でバッティングセンターでバント』 とか、 “世界最南端で○○” みたいなことがしたい!!

なーんて思っていたら・・・
やってしまったわけですよ・・・

『世界最南端の病院で入院』

~~~

思えばウシュアイアに着いた時からどこかおかしかった。
元々、何もせずに一日中宿にこもって、何もせずに過ごすってことがキライなのに、
「なんかダルイ・・・今日は外出しなくていいや。どうせやることないんだし。」って、引きこもる日が続いた。
なんだか体がだるかったんだよなあ。

そんなある日、朝からだるさMAXながらも宿のまわりを散歩してたら、なにやら悪寒が。
そしてフラッフラになってきて、「こりゃいかん、部屋で寝よう。」ってわけで寝て、夕方起きたら発熱!
さらに翌朝、顔と頭に蕁麻疹のようなものがボチボチボチボチと出てきて。
さらにはそいつが化膿してきて。

「しゃあない、病院行って薬もらってくるか。」
ってことで、宿主の上野おばあちゃんにタクシーを呼んでもらって病院へGO。
スペイン語で説明なんかできないけど、このひどい惨状を見れば言葉なんかなくても伝わるだろう。
さっさと薬もらって帰ろ。

病院到着。
「顔と頭がこんな感じで、熱もあるんすけど。」

「オー ヒドイ!キサマ ナゼ コンナニナルマデ ホウチプレー シテタノダ! オマエ イマスグ ニュウインスルアルネ」

先生もちょっと英語ができたから、お互い片言の英語で押し問答。
いや、一方的に押されその場で入院することに。
熱も40℃あった。それを確認したら急にヘロヘロになった。
熱を測る前はけっこう元気なんだけど、熱を測って現実を知ってしまうと急に元気がなくなるってこと、あるよね。

次の日お見舞いに来てくれた上野のおばあちゃんによると、「あらあら、ここは病室がいつもいっぱいだから、よっぽどのことがないと入院させてくれないのよ。」
どうやらよっぽどの惨状だったらしい。

それから3日間ぶっつづけで、点滴の針さしっぱなしで、いろんな薬品を代わる代わる注入。
いったい何種類やっただろう。
でも、点滴三昧の3日間のおかげで体力回復。
化膿してた部分もかさぶたになり、宿で安静にして、かさぶたが自然に取れたら完治。
って言われて退院してきた。

入院中に思ったこと。
旅は健康な体があってこそのもの。
せっかく旅してても、体壊して入院なんかしてたらつまらんぜ。
入院なんてめったにできないことだから、「いい経験した」って思おうとしたけど、やっぱりムリ。
どう考えても「悪い経験」でしかなかった。
旅中はテンションあがって、知らず知らずのうちに無理をしてしまう。
これからは無理せず、よく食べ、よく寝て、健康に気を使おう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

家族に連絡がいくほどにならなくて、
ま、よかったね。
あまり無理しないよーにね、先は長いゾ。

ところで、病名はなんだったの?

【2008/05/07 10:36】 URL | おねーさま #n8bhFW1o [ 編集]


結局病名わからずじまいですよー。
日本語じゃないとそこまで細かいことわからないっすね・・・。
だから治療のときとかも、言葉が通じなくてけっこう怖かったけど(笑)

【2008/05/08 03:17】 URL | shuhei #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。