FC2ブログ
Compilation of travel
世界一周旅行中! 現在地(2008/12/3):デリー(インド)


プロフィール

shuhei

Author:shuhei
2008年2月21日から世界一周旅行へ旅立ちました。
たぶん8ヶ月ぐらいで帰ってくる予定。



カテゴリー



月別アーカイブ



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



旅の軌跡

東京⇒アメリカ(ニューヨーク→ナイアガラフォールズ→ニューヨーク)⇒ペルー(リマ→ナスカ→ワカチナ→クスコ→プーノ)⇒ボリビア(ラパス)⇒チリ(イキケ→ビーニャ・デル・マル→イースター島→ビーニャ・デル・マル→プエルト・モン→プンタ・アレーナス)⇒アルゼンチン(ウシュアイア→カラファテ→ブエノス・アイレス)⇒ウルグアイ(コロニア・デル・サクラメント)⇒アルゼンチンⅡ(ブエノス・アイレス→ラキアカ)⇒ボリビアⅡ(トゥピサ→ウユニ)⇒アルゼンチンⅢ(サルタ)⇒パラグアイ(アスンシオン→エンカルナシオン→イグアス移住地)⇒アルゼンチンⅣ(プエルト・イグアス)⇒ブラジル(フォス・ド・イグアス→サン・パウロ→リオ・デ・ジャネイロ)⇒スペイン(マドリード)⇒ポルトガル(リスボン)⇒モロッコ(タンジェ→マラケシュ→フェズ)⇒スペインⅡ(バルセロナ→マドリード)⇒トルコ(イスタンブール)⇒シリア(アレッポ→ダマスカス)⇒ヨルダン(アンマン→ぺトラ→アンマン)⇒イスラエル(エルサレム)⇒ヨルダンⅡ(アンマン))⇒シリア(ダマスカス→パルミラ→ハマ)⇒トルコⅡ(イスタンブール)⇒ブルガリア(ソフィア→ヴェリコタルノボ)⇒ルーマニア(ブカレスト)⇒チェコ(プラハ→テルチ)⇒ドイツ(ニュルンベルク→フランクフルト)⇒チェコⅡ(チェスキー・クルムロフ→プラハ)⇒ポーランド(クラクフ)⇒ハンガリー(ブダペスト)⇒クロアチア(ザグレブ→ドブロヴニク)⇒ボスニア・ヘルツェゴビナ(モスタル→サラエボ)⇒ハンガリーⅡ(ブダペスト)⇒イギリス(ロンドン)⇒南アフリカ(ケープタウン)⇒ジンバブエ(ビクトリア・フォールズ)⇒南アフリカⅡ(ヨハネスブルグ)⇒インド(ムンバイ→コルカタ→バラナシ→アーグラー→デリー)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7月1日 涙の国境越え
アルゼンチンとボリビアの国境に到着。
何の根拠もない俺の甘い読みによると、このままウユニ行きのバスに乗り継げるはずだった・・・。
が、現実はそんなに甘くはなかった。

~~~

〔誤算その①/高山病〕

すっかり忘れていた、この国境周辺が3,000メートルを超える高地であることを。
アルゼンチン側の国境の町『ラ・キアカ』に到着する少し前から、頭が痛くなってきた。
ブエノス・アイレスから27時間のバス移動の疲れだろうと思っていた。
しかし、バスから降りて歩いていると、頭がガンガンして、しかも息苦しい。
なんか知ってる、この症状。
前にもあったな。一気に高地まで上がってきたときになるやつ。
そうだ!高山病だ。
そこでようやく、ここが富士山の頂上に匹敵する高さの場所にあるということに気がついた。
「ちょっとばかしウユニ塩湖でも見てきますわー」と、お気楽な観光気分でブエノス・アイレスを出てきたのが大間違いだった。
油断していたらやられる・・・。
この日の国境越えは断念して、ラ・キアカに宿をとることにした。
ところが、その宿でもさらなる試練が。
寒い。寒くて眠れない。

〔誤算その②/直行便がない〕

寒さでほとんど眠れず、しかも熱まで出てしまったが、こんな寒い国境の町にいてはやられてしまう。
幸い高山病による頭痛は治っている。
とにかくウユニへ向かおう。今夜には着くはずだ。
ラ・キアカとボリビア側の『ビジャソン』は、町自体が国境を挟んで隣接しているため、バスやタクシーに乗っていく必要がない。
出入国審査も簡単に済み、宿を出てから徒歩20分でビジャソンの長距離バスターミナルに着いた。
さてさて、ウユニ行きのチケットでも買いますか。
「あー、ちょっとすいませんね。今日ウユニに行きたいんだけどチケットください。」
「直行便はないよアミーゴ(友達)。とりあえずトゥピサまで行きなYO。」
「はい?ウユニだよウ・ユ・ニ!」
「だからトゥピサで乗り換えろつってんだろーがアミーゴ。」
あーそうか、こっちでは、“ウユニ”の発音は“ウジュ~ニ”だって言ってたな。
別の町と勘違いしてるのか。
「ウジュ~ニに行きたいの!わかる?ウ・ジュ~・ニ!!」
「だから何度言ったらわかるんだこのアミーゴ野郎!トゥピサに行け!」
どうやら勘違いしているのは俺のほうだった・・・。
あんな大観光地ウユニ行きのバスがないなんて。
もっと遠い町への直通バスは出てるのに。
とりあえず、『地球の歩き方』の地図にもその名前の書かれていない、『トゥピサ』という得体の知れない町まで行くことにした。
そこで乗り換えても今日の夜中にはウユニに着くだろうと・・・。

〔誤算その③/今日の便がない〕

チケットには立派な観光バスの絵がプリントしてあったのに、やってきたのはオンボロワゴン。
ガタガタの悪路を、そのオンボロワゴンで揺られること3時間。
得体の知れない町トゥピサに着いた。
すぐさまバスオフィスに駆け込むと、なんと予想だにせぬ一言が待っていた!
いや、予想はしてたんだけど、考えないようにしてただけか。
「ウユニ行きは明日だよ。」
へいへい、わかりましたよ。
結局、得体の知れない町トゥピサの得体の知れない宿に一泊することになってしまったのだ。
さらに、ここでもまた試練が。
寒い。寒くて眠れない。しかも昨日以上に。

~~~

翌日、またもや同じくオンボロワゴンに乗り込み、悪路をガタガタと。
8時間でウユニに着いた。
ようやく。
ようやくウユニに着いたのだ!
ここでの唯一の目的『ウユニ塩湖』も、苦労してやって来たぶんだけ感動も倍増することだろう。

アレレレ?
寒い。寒くて眠れない。しかも今まで以上に。
よく考えれば、冬に富士山の頂上で暖房設備なしで眠ろうとしているような状況。
毛布が5枚重ねになってるけど、それでも足りない!
どうやら、アルゼンチンでのんびり闘病している間に、冬を迎えてしまったようだ。
あー、懐かしやブエノス・アイレス。
さっさとウユニ塩湖見学を片付けて、アルゼンチンに戻ろう。

~~~

さらに翌日。
ウユニ塩湖ツアーを申し込みに行った。
ツアーには、日帰りのものから3泊のものまである。
宿泊を伴うツアーは、こことは比べものにならないほどの、殺人的な寒さとも闘わなければならない。
なおかつ、日帰りでも1,2,3泊するものでも、塩湖を見るということに関しては同じだ。
ならば当然、日帰りだろー。
日帰りツアー以外は、周辺の見どころ(塩湖とは関係ない)を周ることができるということだが、寒さに心を折られてしまっている今の俺にとっては、全く興味を惹かれない。
いや、ここに来るまでは確かに、1泊や2泊して、いろいろ周辺も周ろうと思っていた。意気揚々と。
こんな時、グループでの旅であれば、「せっかく来たんだから行こーぜ」と励まし合うこともできるのだろう。
しかし一人旅の場合、一度折られた心はなかなか元には戻らない。
得てして一人旅とは、そういうものである(のか??)。
何はともあれ、塩湖を見ることに関して妥協したわけではない。
これでいいのだ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

食べ放題天国の後の、極寒地獄・・・・ってか。

これぞ世界一周一人旅の王道!
ガンバレー。

【2008/07/03 02:01】 URL | おねーさま #GMs.CvUw [ 編集]


こちらは今、巨人×ヤ:6-0の9回表です。

気が付いたらサッカー見てるし・・・羨ましい^^

7月29日にU-23の日本対アルゼンチンを見に行くよ!!

あ、今野球中継終わった・・・。

まだまだ先は長そうですな^^お気をつけて!!


【2008/07/03 20:52】 URL | とくそくん #- [ 編集]


〉 おねーさま
いやー、天国から地獄とはまさにこのことですな。
でも、そんな地獄の中にも感動的なウユニ塩湖があって。
何があっても、それ以上に素晴らしいことがたくさんあるから旅はやめられません。
がんばりまーす!


〉 とくそくん
スタジアムでサッカーって、今まで一度しかなかったんだけど、あれははまるね!
テレビだとボールのあるところしか映らないけど、生で見ると全体が見えておもしろい。
あとは何より雰囲気が楽しかった。
帰国したら、東京ドームよりサッカースタジアムに通っちゃうかも!?

【2008/07/04 01:07】 URL | shuhei #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。