FC2ブログ
Compilation of travel
世界一周旅行中! 現在地(2008/12/3):デリー(インド)


プロフィール

shuhei

Author:shuhei
2008年2月21日から世界一周旅行へ旅立ちました。
たぶん8ヶ月ぐらいで帰ってくる予定。



カテゴリー



月別アーカイブ



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



旅の軌跡

東京⇒アメリカ(ニューヨーク→ナイアガラフォールズ→ニューヨーク)⇒ペルー(リマ→ナスカ→ワカチナ→クスコ→プーノ)⇒ボリビア(ラパス)⇒チリ(イキケ→ビーニャ・デル・マル→イースター島→ビーニャ・デル・マル→プエルト・モン→プンタ・アレーナス)⇒アルゼンチン(ウシュアイア→カラファテ→ブエノス・アイレス)⇒ウルグアイ(コロニア・デル・サクラメント)⇒アルゼンチンⅡ(ブエノス・アイレス→ラキアカ)⇒ボリビアⅡ(トゥピサ→ウユニ)⇒アルゼンチンⅢ(サルタ)⇒パラグアイ(アスンシオン→エンカルナシオン→イグアス移住地)⇒アルゼンチンⅣ(プエルト・イグアス)⇒ブラジル(フォス・ド・イグアス→サン・パウロ→リオ・デ・ジャネイロ)⇒スペイン(マドリード)⇒ポルトガル(リスボン)⇒モロッコ(タンジェ→マラケシュ→フェズ)⇒スペインⅡ(バルセロナ→マドリード)⇒トルコ(イスタンブール)⇒シリア(アレッポ→ダマスカス)⇒ヨルダン(アンマン→ぺトラ→アンマン)⇒イスラエル(エルサレム)⇒ヨルダンⅡ(アンマン))⇒シリア(ダマスカス→パルミラ→ハマ)⇒トルコⅡ(イスタンブール)⇒ブルガリア(ソフィア→ヴェリコタルノボ)⇒ルーマニア(ブカレスト)⇒チェコ(プラハ→テルチ)⇒ドイツ(ニュルンベルク→フランクフルト)⇒チェコⅡ(チェスキー・クルムロフ→プラハ)⇒ポーランド(クラクフ)⇒ハンガリー(ブダペスト)⇒クロアチア(ザグレブ→ドブロヴニク)⇒ボスニア・ヘルツェゴビナ(モスタル→サラエボ)⇒ハンガリーⅡ(ブダペスト)⇒イギリス(ロンドン)⇒南アフリカ(ケープタウン)⇒ジンバブエ(ビクトリア・フォールズ)⇒南アフリカⅡ(ヨハネスブルグ)⇒インド(ムンバイ→コルカタ→バラナシ→アーグラー→デリー)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7月11日 パラグアイの世界遺産を完全制覇する
アスンシオンにて和心を取り戻したところでやって来たのは、『エンカルナシオン』という町。

ここには“トリニダー遺跡”という世界遺産にもなっている遺跡がある。

パラグアイには、現在登録されている世界遺産がこのトリニダー遺跡しかない。

ということは・・・

ここにさえ行っておけば、

「パラグアイの世界遺産は全部行きましたけどなにか。」

と、クールに決めることができるのだ。

・・・ぜひとも行かねば。

~~~

<トリニダー遺跡>
赤いレンガで造られ、広い広場を囲んで、中央に教会があり、周囲にグアラニー族の住居跡などが散らばっている。
1706年から1760年にかけて建てられたもので、最盛期に4000人もの人々が暮らしていたという。
教会の壁を飾る見事な装飾は300年を経た今なお、ため息のでる美しさだ。 (地球の歩き方より抜粋)

~~~

エンカルナシオンからバスで30分強。

遺跡付近のバス停に到着。

のどかな風景を楽し・・・む余裕もないほどの暑さで、必死にあること、たった10分。

トリニダー遺跡に到着。


暑さにやられながら歩いたのどかな風景
RIMG2594.jpg


トリニダー遺跡
RIMG2639.jpg


RIMG2636.jpg


RIMG2614.jpg


RIMG2626.jpg


遺跡自体は、ショボくもなく、絶賛するほどのものでもなく。

なるほど、って感じで見終わった。

しかし、何よりも大きなものを手に入れた。

これからは胸を張ってこう言える。

「パラグアイの世界遺産は全部行きましたけどなにか。」
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。